男女で違う淋病の症状

代表的な性病の1つとして挙げられるのが淋病です。
淋病は淋菌という細菌によって引き起こされる感染症であり、主に性行為で感染するのですが、性行為に似た行為によっても感染してしまいます。

感染率は非常に高く、30%の確率で感染します。
また、感染経験があっても免疫が出来る事はないので、何度でも感染してしまう事が特徴です。

同じ病気であっても、男女で症状に違いがある事も特徴です。
症状に苦しめられるのは男性です。
男性の主な症状は、排尿時に尿道に感じる激しい痛みです。
尿道から膿が発生する事もあります。

一方、女性の場合は、ほとんどが無自覚です。
中には、男性と同じように排尿時に痛みを感じる事もありますが、痛みは男性よりも軽くなっています。
しかし、そのまま放置しておくと内臓の炎症、更には不妊症、子宮外妊娠に発展する場合もあります。
また、出産時に新生児に感染してしまう場合もあり、感染してしまうと新生児は失明してしまう恐れがあります。

このように淋病は感染率が高くて危険な性病ですので、少しでも疑いがあるのならば、検査を受けるべきです。

男女で違う淋病の症状ではありますが、治療薬は男女共、同じものを使用します。
有効な淋病 治療薬はクラビット500です。
感染時に細菌等のDNA複製を阻害し、殺菌の働きをする事がクラビット500 効果です。
ですから、淋病に効果があるのです。

また、クラビット500は同じく性病のクラミジアにも効果があります。
淋病は単独で感染する事が少なく、クラミジア等を併発させて感染する事が多い傾向にあります。
つまり、淋病に感染していれば、クラミジアに感染している可能性が高いのです。
ですから、淋病とクラミジア、どちらにも効果があるクラビット500が有効なのです。